温泉とは、源泉温度が25℃以上か1kg中に特定の物質が基準値以上含まれているものを言います。

無色透明、無臭で含有成分の濃度が低く、普通のお湯と変わらない気がするが、含まれる成分は多種多様で肌に優しい。

炭酸ガスの溶けている温泉です。一般的には炭酸泉と言います。

炭酸水素塩泉には大きく分けて2種類(重曹泉、重炭酸土類泉)あります。特に重曹泉は美肌効果に抜群です。
一般的には、食塩泉と言われ舐めるとしょっぱいお湯は保温効果抜群です。
硫酸塩泉には大きく分けて3種類(芒硝泉、石膏泉、正苦味泉)あります。
含鉄泉には、大きく分けて2種類(鉄泉、緑礬泉)あります。空気に触れると鉄泉は茶褐色に緑礬泉は緑色に変色します。
一般的には、単純硫黄泉と言われ、硫黄の臭いと白濁色が特徴ですが、成分が薄いと無色で臭いもしません。
日本ではもっと少ない泉質です。殺菌力が強い事で有名です。
一般的には、ラジウム泉と言われ、湯気から成分を吸収するのが特徴です。

JRの時刻表や地域情報 船の時刻表や地域情報 日本航空の時刻表や地域情報

Copyright 1998-2017 湯遊.net All rights reserved.