*********************
日帰り温泉・露天風呂情報「メルマガ湯遊.net」
*********************

目次
お薦め度について
日帰り温泉紀行
最近入浴した温泉日帰り温泉
特集・・・
温泉の入浴方法

<お薦め度について>
お薦め度については個人的にお湯、雰囲気、清潔感、値段などを独断と偏見で総合的に★〜★★★★★で評価してみました。お湯の種類など好みがありますので、自分で確認して下さい。その上で★★★以上なら納得できるなどの判断材料の一つとして下さい。

<日帰り温泉紀行>
「むじなの湯」 \300 混浴内湯 お薦め度★★★★★
塩原温泉郷新湯の公共浴場「むじなの湯」を紹介します。新湯には「むじなの湯」、「寺の湯」、「中の湯」の3ヶ所の公共浴場があるが、「中の湯」のみが男女別になっている。料金は全て\300。「むじなの湯」、「寺の湯」は混浴の公共浴場で、脱衣場も共同なので女性の方は入り辛いうえ、休日の午後はかなり混み合っている。特に「むじなの湯」の人気はすごい。個人的には「むじなの湯」が一番のお気に入りだが、休日はかなり混んでいるので平日に行くことを薦める。源泉は、「寺の湯」、「中の湯」が同じ源泉(「寺の湯」の裏手)で、「むじなの湯」は自然湧出泉である。お湯は、硫黄泉の乳白色で温度は高めなので、温いお湯が好みの人には辛いかもしれません。また、湯上りに硫黄の臭いが身体に残るほど臭いがきついので、硫黄の臭いが苦手な人も控えたほうがよいと思います。
湯船の大きさは5,6人入れる大きさの湯船が2つあるのみで、決して大きくありません。
効能は皮膚病、神経痛などだが、一度入るとまた来たくなってしまうお湯は名湯と言われるゆえんかも?家族向きの共同浴場ではないので(子供の入浴を見た事がない)、大人の共同浴場の雰囲気をかもし出している。
名湯「むじなの湯」で湯舟に入ったり出たりを繰り返しながら、外の景色を見たり近所の人達と話をしていると時間のたつのを忘れてしまう。
本来温泉は昔から社交の場であり、地元の人達が昔から大切に守ってきた場所なので、最低限のマナーを守りいつまでも入浴が出来るようにしていきたい。

<最近入浴した日帰り温泉>
寺の湯    \300 混浴露天風呂 お薦め度★★★★
ただおみ温泉 \450 男女別露天風呂 お薦め度★★
箱根湯の花温泉ホテル \1,500 男女別内湯、露天風呂 お薦め度★★★★

<特集>

温泉の入浴方法
下記に記載した内容は入浴時に最低限守ってほしいと思っている事です。みんなのお湯です(特に地元の人が大切にしているお湯です)、周りの人に迷惑にならないように利用して下さい。
・入る時は、必ずかけ湯をしてから入浴して下さい。
・湯船にタオルを入れないで下さい。
・熱くて入れない時は、他人に断ってから温くするようにして下さい。温め過ぎないように注意して下さい。
・混浴風呂で女性の方をいやらしい目で見ないで下さい。混浴風呂に入浴後不快感を感じている女性が多いようです。お互い気持ちよく入れるように心がけましょう。
・飲酒後の入浴は健康の為にもやめて下さい。
・地元の人が大切にしているお湯です。常識の範囲内で行動して下さい。

・温泉は身体に良いと言っても長湯は逆効果です。熱い温泉に長時間浸かっていると想像以上にエネルギーを消費しています。温泉によって入浴方法が異なるので、入浴前に注意書きを読んで入浴して下さい。 また、体調によって入浴時間を調整する事も大切です。
最近温泉場でのトラブルが多発しております。温泉は、地元の人達が昔から守ってきたお湯ですので、あくまでも地元の人達に入れさせてもらっているという気持ちで入浴をする様に心がけて下さい。一部のマナーの悪い人のせいで閉鎖になった浴場もあります。


※「湯遊.net」、「メルマガ湯遊.net」に掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。